なぜ合宿免許は友達が出来やすいのか

バナー

なぜ合宿免許は友達が出来やすいのか

例えば、以前から「自動車教習所で新しい友達が出来た」という話は良くあります。


同年代の利用者が多い環境であり、他の学校やすでに働いている人との接点を得る機会として自動車教習所は非常に効率的な環境です。
その為、参加者同士でコミュニケーションを取ることが難しくなく、そこから新たな友人関係や恋愛に発展するケースは珍しいものではありません。
しかし、その為には「きっかけを作ること」が必要です。

積極的にコミュニケーション取ることが苦手でない人にとっては何の問題もありませんが、そうでない人(消極的、人見知りなど)にとってはチャンスすら感じられない場合もあります。



周囲では新しいコミュニケーションの輪が広がっていく中、自分だけが取り残されたように感じられれば楽しみが半減してしまう可能性すらあります。

しかし、合宿免許の場合は「参加者と共有する時間が無い」と言う特徴があります。

これは任意で環境を構築することで得られる結果ではなく、合宿免許に参加すればもれなく得られる結果です。

当然ながら合宿免許の期間中は参加者が同じようなタイムスケジュールで行動することになり、場合によっては宿泊施設も同じです。

意図的にコミュニケーションの機会を制限すればまだしも、そうでなければそのきっかけとなる瞬間は非常に多くなります。



約二週間にわたって行動を共にする仲間ですから、自然とそういった意識が芽生えるチャンスも増え、結果的に「友達が出来やすい状況」になると言う訳です。